タロット占いが普及したのは14世紀ごろ

タロット占いが普及したのは14世紀ごろ

タロット占いは、西洋が起源だと推測されています。
一応、古代エジプトの頃から存在していた言われているのですが、タロット占いとして普及したのは14世紀ごろなのです。

この頃は、今でいうトランプのような感じで、カードを用いたが娯楽が非常に盛んだったのです。
そのカードを使用して、貴族の間で占いが行われていたと言われており、それがタロット占いの起源となったわけです。

その後は、徐々に一般市民にも広がるようになって、19世紀半ばから終わりにかけては、様々な集団がカードを用いてスピリチュアルを占っていたのです。

今と同じスタイルのタロット占いが普及するようになったのは、1970年頃となっています。
イギリスを中心にスピリチュアルのブームが訪れたことによって、一気にタロット占いはメジャーな存在になったのです。

その後は、日本にも伝わり少しずつ浸透するようになって、今では有名な占いの1つとして人気となっているわけです。